ふくなが眼科の日記

高槻のJR摂津富田駅から徒歩2分、ふくなが眼科のブログです。

7月の所感

開院して3年も経つと、来院される患者さんの月単位での傾向が分かってきます。

5~6月は例年の通り、学校検診で視力低下などを指摘されたお子さんたちが、特に午後に大勢来られて賑やかな日々でした。

ところが、7月は例年とやや傾向が異なり、かゆみがひどくて目が腫れるくらいの患者さんが多く来院されました。例年はゴールデンウィークあたりからイネ科の花粉でかゆみを訴える患者さんが来られるものの7月頃にはほぼ落ち着いていたので、傾向が例年と異なるのは異常気象の影響かも知れませんね。診察室の暗室にこもりながらも地球温暖化問題が気になる今日この頃です。

多焦点眼内レンズの先進医療認定施設に認定されました

今月から当院は、「多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術」の先進医療施設として認定されました。

これにより、所定の多焦点眼内レンズを用いて白内障手術を行った場合には、全額自費での負担ではなく、術前術後の診察や検査は保険適応となります。また、民間の医療保険で先進医療特約に加入しておられる場合は、費用が生命保険会社から給付される場合がありますので、患者様のご負担を軽減することができます。

f:id:fukunagaganka:20190415002343j:plain

(多焦点眼内レンズの焦点:遠方と近方の2か所に焦点を結びます)

当院では、遠方と近方の見え方のバランスの良いTecnis Multiflcal +3.25D加入(ZLB00)をメインに用い、患者様のライフスタイルやご希望に応じてレンズの種類や加入度数を変更しています。

開院から4年目を迎えました

本日でふくなが眼科は開院から4年目を迎えました。近隣の方々のみならず遠方からまでも多くの方々にご来院いただき感謝申し上げます。また、頼りになる当院のスタッフたち、関係者の方々に支えられて開院後の大変な3年間を無事に乗り切って来れたことにも感謝の念に堪えません。

本日より法人化して「医療法人清廉会 ふくなが眼科」となり、信用と同時に責任も増すことをひしひしと感じております。よりいっそう皆様に貢献できるよう精進いたしますので何卒よろしくお願い申し上げます。

f:id:fukunagaganka:20190302004103p:plain

当院の専用駐車場について

当院の駐車場は隣接する立体駐車場1階の3台分です。

このたび駐車場の管理会社変更に伴いロック板が設置され、ふくなが眼科ご利用の患者様以外は有料となりました。場所は入口右横の11番~13番に変更されています。

f:id:fukunagaganka:20190126225912j:plain

今まで通り、当院ご利用の場合は無料です。駐車場ご利用の際は、会計時に無料のサービス券をお渡ししますのでお申し付けください。

高槻シティハーフマラソン

今年は2年ぶりに高槻シティハーフマラソンにメディカルランナーとして参加させて頂きました。
雨で体が冷えやすいちょっと心配なコンディションでしたが、さすがハーフに出ようという気迫のあるランナーばかりなので体調不良の方は予想より少なかったです。
私もなんとか無事に完走できました。寒い雨のなか応援して下さった沿道の方々、関係者各位にこの場をお借りして厚く御礼申し上げます。

f:id:fukunagaganka:20190120235727j:plain
ゴール地点

はやり目とクイック チェイサー Immuno Reader

明けましておめでとうございます。

当院は1月6日から通常通り診療しております。早速多くの患者様にご来院いただき、緑内障発作を伴った過熟白内障など難症例の白内障手術や、硝子体出血に対する硝子体手術など、外来も手術も初週からフル稼働でした。

ちなみに最近気になった傾向が、昔は夏に多いとされていた「はやり目」(アデノウイルスによる結膜炎)が冬など他の季節にも多いことです。12月にもほぼ毎日のようにはやり目の患者さんが来院されており、昨年も同様の傾向でした。患者さんのお話を詳しく伺っていると、特に一部の保育園で大流行してそれが家族、周囲へと波及しているように思えます。つまり、生活スタイルの変化で共働きが増えて、保育園に長時間お子さんを預けるようになったというのが、年間を通じてはやり目が流行しやすい一因となっているのかも知れません。

あまりにもはやり目の患者さんが多いので、当院では昨年よりアデノウイルスの検出装置「クイック チェイサー Immuno Reader」を導入しました。患者さんの涙を専用キットで吸い取るだけでウイルスの有無を機械で自動判定してくれるという優れものですが、まだ導入している施設は少ないです。

これにより、従来ならアデノウイルス検出キットで患者さんの結膜を綿棒で血がにじむくらいまで擦って検査しなければならなかったのに比べると、患者さんの負担がずいぶん軽くなりました!

これからも患者さんの負担を軽減できるような機器や手技は積極的に取り入れていきたいと思います。今年もよろしくお願い申し上げます。

 f:id:fukunagaganka:20190115003324j:plain 

【クイック チェイサー Immuno Reader】

f:id:fukunagaganka:20190115003351j:plain

アデノウイルスの判定結果】